実施要項


実施期間 2019年2月15日(金)~3月16日(土) (ペルー国内29日間)
研修地 ペルー
日程表(予定)をご参照ください。
募集人数 12名
(12名に達した時は申込みを締め切ります。なお申込者が少ない場合は実施できないことがあります。)
応募資格 日本の大学に在籍して、スペイン語の過去時制程度までを習得した学生。また、研修の趣旨を理解し、共同の活動に参加できる方。
参加費用 約380,000円
(過去2回の実績で参考値です。航空券の購入時期により安くなる可能性があります。)
成田-リマ間航空運賃、スペイン語研修費、ペルー国内の旅費・交通費、宿泊費、食費(3食)、ホストファミリー謝礼等。
ただし、日本国内の交通費、一部の空港の使用料は各自の負担。旅行期間中の保険は各自契約。また、ナスカでの遊覧飛行はオプション。 

日程表(予定)

日程・訪問先については、天候・地域の情勢等により主催者の判断で変更する場合があります。

2月15日(金) 夜リマ着
Guillermo先生の出迎えで、ホテルへ。
2月16日(土)~17日(日) リマ市内歴史地区観光。
国立博物館、移民史料館、天野博物館等見学。
ミラフローレス地区訪問。
夜ナスカへ出発。

広場でジャンプ

織物バックライト

2月18日(月) ナスカ観光 (遊覧飛行はオプション)。
午後アレキパへ出発。
2月19日(火) アレキパ着後、各自ホストファミリー宅へ。
2月20日(水) 夜クスコへ出発。

2月21日(木)~26日(火) クスコ市内見学、(自由時間あり)
インカ時代の遺跡見学。(サクサイワマン、ケンコー、オオリャンタイタンボ等)
鉄道でマチュピチュへ、現地一泊。
2月26日(火) 夜プノへ出発。

浮き島

2月27日(水) チチカカ湖ウロス島(浮島)、タキレ島(世界文化遺産)訪問。
2月28日(木)~3月15日(金) アレキパ着。 ホストファミリー宅での生活へ。
この間、カトリック系の中学高校において語学研修、文化交流(日本文化紹介)。
ホストファミリーたちとスポーツや散策。(ホストファミリーは皆さんと同世代の子どもたちのいる家族です)

9・10日(土・日) 小旅行(1泊2日) コルカ渓谷 にコンドルを探しに…
3月15日(金) 午後 ホストファミリーとのお別れパーティー。(皆で日本食を作ります)
3月16日(土) アレキパ出発、リマ、メキシコシティー経由で日本へ。(3月19日朝帰着)